MENU

インターネットFAX会社比較【eFaxとNTT等の違いは?】

コストやスピードの面で既存のファックスよりも便利だと言われるインターネットファックス。

 

中でも低料金で人気のあるeFAXと通信大手NTTの提供するBizFAXストレージ&リモート、
KDDIペーパーレスFAXとの違いを見てみましょう。

eFAX

eFax

eFAXはリーズナブルな値段設定に人気があります。
初期費用無料で、月額は年払いで1250円とやや高めですが、
この料金には150枚までの送信および受信の料金も含まれています。

 

送受信共に151枚目からは1枚につき10円の料金がかかりますが、
そんなにファックスを利用しない人なら月額料金だけで使うことができます。

 

しかも30日間無料トライアルのサービスもあり、申し込んだ月の最大30日間は
送受信共に150枚まで無料で利用することができます。
また、ファックス番号として東京03や大阪06など、主要56都市の市外局番の中から
選ぶことができます。

 

>eFAXの公式サイトはこちら!

 

BizFAXストレージ&リモート

BizFAXストレージ&リモート

BizFAXストレージ&リモートは、NTTコミュニケーションズが提供しているインターネットファックスです。
初期費用は通常1,000円ですが、Webで申し込むと無料になります。
月額料金も1,000円でファックスの送信に通信料がかかります。

 

一般のファックス宛ての送信なら3分間で8円、携帯宛ての送信なら1分当たり16円かかります。
ただ、相手先が050番号のファックスなら無料で送信することができます。
また、ファックスの受信については無料です。

KDDIペーパーレスFAX

KDDIペーパーレスFAX

KDDIペーパーレスFAXは、その名のとおりKDDIが提供しているインターネットファックスです。
こちらは初期費用が1,000円、月額料金が950円で、ファックス送信は1枚当たり15円の料金がかかります。

 

ただし、KDDI050番号向けのファックスは無料となります。
こちらもファックスの受信は無料です。

 

まとめ

3社のインターネットファックスサービスを比較すると、
150枚までの送受信が無料のeFAXが、最もコストパフォーマンスが良いのではないでしょうか。
実際に使っている人の口コミでもコスパに関しては、非常に高評価を得ています。

 

また、ファックス番号に地域の市外局番を取得できるのもeFAXだけです。
ファックスの送信相手が050の番号しかいないという方以外は、eFAXがおすすめです。

 

 

インターネットFAXの解約方法《eFax・PamFAX他》

 

インターネットファックスを使ってみたけれど、やはり自分には合わないという時は
解約をすることができます。つぎに各社の解約方法をご説明しましょう。

 

eFAX

eFax

eFAXの場合は、カスタマーサポートに直接電話をする必要があります。受付時間は、祝祭日を除く月曜から金曜の9時から18時までです。30日間の無料期間中でも解約は可能なので、気軽に試すことができますね。ただ、30日を過ぎると自動的に入会したことになるので注意しましょう。

PamFAX

PamFAX

PamFAXは海外の利用者が多いインターネットファックスで、解約方法が英語で記載されているので、英語が理解できない人にはおすすめできません。契約プランは3か月か12か月になっていますから、途中解約はできないようです。

KDDIペーパーレスFAX

KDDIペーパーレスFAX

KDDIペーパーレスFAXの解約は、KDDIペーパーレスFAXのサイトから解約申請書をダウンロードして郵送かメールで申請を行います。月の途中で解約した場合でも月額料金950円は全額支払わなくてはいけません。また、無料期間もないので、利用した分の送信料金も必要です。その月の解約の受け付けは25日までになっていて、26日以降に解約申請書が到着した場合は翌月末に解約となりますから、翌月分の料金も必要になってきますから注意が必要です。

Toones

Toones

今までのファックス番号をそのまま使える点が便利な(料金は別途かかります)Toonesの解約方法は、Toonesのサイトのサービス解約申請ページから解約の申請を送信することで解約することができます。ただ、こちらも月額料金や利用料金は必要です。また、料金不足のまま14日間放置していると強制解約になりますから注意しましょう。

BizFAXストレージ&リモート

BizFAXストレージ&リモート

BizFAXストレージ&リモートでは、サイト内のサービス設定用ページから解約申請を行うか、サービスセンターに連絡することで解約できます。こちらも、月の途中で解約しても月額料金1,000円は払わなくてはいけません。もちろん使用した分の送信料金も必要です。

 

こうしてみると、30日間の無料期間の間に解約すれば一切料金が不要なeFAXは、インターネットファックスを試しに使ってみるには最適なサービスではないでしょうか。

 

最後にまとめると…

 

これまで見ていただいたように、各社とも料金はバラバラで解約方法も異なりますから、
選択の際はしっかり内容を把握する必要があります。

 

ぜひ、ご自分に合ったサービスを選びましょう!